Orange Catsの花の家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

契約後の間取り変更(7) ~コストアップへの対応

リビング拡大を軸とする契約後の間取り変更の最終回、
深基礎適用などのコストアップへの対応をお届けします。

最終的な間取り変更に伴うコストupは35万円くらいで纏まりました。
但し、
・太陽光発電設置を先送りにしたコストマイナス分
・深基礎適用などのコストプラス分
を相殺した結果。
将来的に太陽光発電を設置したら、コストup幅はもっと大きくなります。

これまでお届けした記事は下記ご参照。
--------------------------------------------------------
契約後の間取り変更(1)
契約後の間取り変更(2) ~正方形LDの功罪
契約後の間取り変更(3) 間取り大改造!!
契約後の間取り変更(4) 参考にしたwebsite
契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに
契約後の間取り変更(6) ~サヨナラ太陽光発電
--------------------------------------------------------


間取り変更に伴う変更点はこちら。
--------------------------------------------------------
変更前:
 LDKの広さ 15畳(LDの形は正方形)
 1F蔵の広さ 5畳
 階段下から玄関につながる収納あり
 太陽光発電 1.4kw付き

変更後:
 LDKの広さ 17畳(LDの形は長方形)
 1F蔵の広さ 4畳
 玄関を縮小、玄関開口部の向き変更(北西→北東)
 太陽光発電を断念(正確には設置先送り)
 深基礎適用
 リビング階段の設置個所、向きを変更
--------------------------------------------------------


家族のコミュニケーションを深めるリビングの
拡大を中心とした間取り変更提案を決意したorangecats家。
多少のコストupは覚悟の上でした。

間取り変更に伴うコストupは35万円くらい(但し将来の太陽光発電設置コストを除く)。

主なコストup要因は、
・深基礎の適用(専門的な理由は忘れてしまいましたが)
・外壁総延長が若干長くなった(家の形が正方形に近い形から長方形に変わったことにより)
・仮設足場も若干長くなった
・屋根の形が変わった
などなど。


間取り変更以外の要因を含めると、2012年4月末の契約時と8月の変更契約時の
建築請負契約金額の差額は… 300万円くらいupとなりました。

その内訳は、
・キッチンや風呂などの住宅設備のコスト(grade)upが最大。
・窓のサイズ・種類変更と、それに伴うシャッターサイズの変更
・トップライト追加
・建具追加・Grade Up
 (リビングに面した1.5F洋室のガラス手摺や開き戸、1F蔵の書棚風扉など)

などなど。
2012年4月末の契約時の、想定up額より少し金額が上がってしまったので、
失敗したなぁ、という気持ちがないではない。
契約時にもっとオプション盛り込んでおけばよかったかなぁ。
家造りが初めてだった。だから仕方がなかった。
そんな気持ちもあり。

しかしこのCost Upが許容範囲だったのには理由があります。

家づくりはライフスタイルの確定です。
我が家では、家を建てるにあたり車は持たない基本方針を固めました。
都内市部在住のorangecats家の普段の足となっているのは
電車・バスなどの公共交通機関、たまに自転車。

地価の高い都内で一戸建てを注文住宅で建てて、
更に車を恒常的に持つとなると我が家の資金繰りはちと厳しくなります。
夫婦とも、運転免許は持ってるけど特段車が趣味というわけでもない。
車が必須となる釣りやマリンスポーツなどの趣味があるわけでもない。
このため、車の維持費・燃料代を払い続けるより、
資金を家づくりに集中させることにしました。
車が必要なときは、レンタカーも借りれるしTaxiを一時的に
使うほうが年間コストで考えると割安との判断です。

このため、建築プラン作りの段階から
駐車スペースは来客用に最低限の広さを確保。
DSC_0273.jpg

子供が生まれて「やっぱり車が必要」となったら、
軽自動車を停めれるスペースにしました。
DSC_0265.jpg

前回の記事
web内覧会 外構 (1) ウッドデッキの花鳥風月
でお届けしたLDK前のウッドデッキは、本来は駐車スペースになっていたかも。
しかしリビングからの景色が車だけ、というのも車好きでなければイマイチです。
今はウッドデッキがリビングから繋がる屋外リビングのような空間として活用できており、
車を持たない分のメリットを感じます。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

契約後の間取り変更(6) ~サヨナラ太陽光発電

先日の記事、契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに
の続編、「屋根の形が変わること」への対応をお送りします。
過去記事↓で、リビング階段と引き換えに玄関を縮小し、
開口の向きを北西から北東に変更したところまでをお届けしています。

契約後の間取り変更(1)
契約後の間取り変更(2) ~正方形LDの功罪
契約後の間取り変更(3) 間取り大改造!!
契約後の間取り変更(4) 参考にしたwebsite
契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに


ミサワホームのオリジナル建築プランから、
DSC03627_2013092921452350a.jpg


契約後第二回目の打ち合わせ結果の間取り
DSC03724.jpg


への変更を受けて、屋根の形が変わりました。

そしてミサワホームの設計さんと、HEのOさんから告げられた一言。
「太陽光発電はつけれなくなりますね」

「はうっっ驚くorangecats一家。
せっかくの注文住宅なので、打ち合わせの初期段階から
太陽光発電をプランに入れていたのに。
「物理的に設置できない訳ではないですが」
「間取り変更に伴い、南面の屋根の面積を狭くせざるをえないからです」


ミサワホームのオリジナル建築プランの太陽光発電は、1.4kw。
エネファームとセットであれば、1.4kwでも十分との説明でした。
しかし間取り変更(正方形LDから長方形LDへの変更)に伴い、
屋根の形状が変わるため太陽光発電を載せたとしても容量が
1kwに満たないと。1kwに満たない規模の場合、費用対効果は微妙との説明。

「東側や北側の屋根でも多少は発電できるのでは?」と食い下がると、
「北側に太陽光発電パネルを搭載した施主とタマホームに対し、
 光害を理由にパネルの撤去が命じられた判例があるため、おすすめしません」
と。

以下日経新聞記事の抜粋。

「光害」理由に住宅用太陽光パネルの撤去命じる判決
2012/4/20 23:00
 横浜地方裁判所は2012年4月18日付の判決で、横浜市内の戸建て住宅の建て主と住宅会社に対し、住宅の屋根から太陽光発電パネルの一部を撤去し、原告である隣家の住民2人に計22万円を損害賠償として支払うよう命じた。建て主のAさんの依頼で住宅会社のタマホーム(東京都港区)が屋根に載せた太陽光発電パネルの反射光は、原告にとっては受忍限度を超えるまぶしさがあると認定した。


ミサワホームとの打ち合わせが行われたのは2012年5-6月で、
上の判例が出たのは2012年4月のHotな時期だったのね。

そもそも論として、都内の敷地が限られる地域では、
売電効果を大きく発揮できる規模の太陽光発電パネルを
設置できる条件を満たす家は建ちにくいらしい。
北側斜線制限のため、orangecats家の屋根も最大面積を占めるのは「北側の屋根」。

「今後太陽光の発電効率が高まったり、反射しないタイプのパネルが普及すれば、
 将来的に太陽光発電パネルを設置できる余地はあります」

とのことで、来るそのときに備えて屋根の構造はパネル設置に耐えれるように、
またパネルとの接続口も用意しておくことが設計さんから提案され、
太陽光発電を「断念」ではなく、「先送り」にすることで合意。
太陽光発電設置分のコストが無くなる分、他にお金を回せるし。


最近ではビルの壁面に太陽光発電パネルを設置するケースや
光を通すシースルー太陽光パネルの開発により、
ガラス建材の代わりにマンションのベランダの手すりや窓、
ガラス張りのビルの外壁、ひさしなどに活用することも期待されているらしい。
こちらの記事ご参照。


一戸建て住宅の歴史は数十年と長いので、その間に住宅業界でも
様々な新技術が開発され、普及していくと予想されます。


ちなみに二審はタマホーム「責任なし」になってるらしいです。
以下日経新聞記事ご参照。

二審はタマホーム「責任なし」 太陽光パネル設置賠償訴訟
2013/3/13 20:22
以下記事の抜粋
 隣家の太陽光パネルの反射光がまぶしくて日常生活に支障が出たとして、横浜市に住む2人が設置工事をしたタマホーム(東京)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の滝沢泉裁判長は13日、「直ちに受忍限度を超えるとはいえない」などとし、22万円の支払いを命じた一審・横浜地裁判決を取り消し、請求を棄却した。



トヨタホームや積水ハウスは2-3kw乗る、とのプラン説明だったので
太陽光発電のみを優先するのであれば我が家の敷地でも載せられないことは
なかったんだろうけど、やはり家づくりは総合的に判断するものなので
今のミサワホームの家に満足しているorangecats家としては、
将来太陽光発電を導入できる日が来るのを楽しみにしてようと思います☆


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに

間取り変更をミサワホームに提案して臨んだ、
契約後第二回目の打ち合わせ。
結果生まれた1F間取り案の変遷をお届けします。

(1)ミサワホームのオリジナル建築プラン
DSC03627_2013092921452350a.jpg


(2)orangecats家の間取り変更案
間取り変更案①


(3)ミサワホームの再作成プラン(orangecats家案を反映)
DSC03721.jpg


(4)契約後第二回目の打ち合わせ結果の間取り
DSC03724.jpg

ここからは間取り案変遷の詳細をお届けします。


家づくりは取捨選択の連続です。
夢や希望は大いにある。
しかし現実的には、予算や優先順位に基づいて
仕分け・精選を重ねることになります。


orangecats家なりの間取り変更案を事前に送信して臨んだ、
ミサワホームとの契約後第二回目の打ち合わせ。
所詮はミサワホームの建築プランをベースに、
素人がカスタマイズして作成した案なので、懸念は多くありました。
・構造的に成り立つのか?
・規制上成り立つ間取りか?
・価格は?
・そもそも蔵を2か所含めると構造が複雑になるので、
 各階の間取り案は作れても階段をどう繋げるのか
 イメージが湧きにくい。

「間取り変更案、実現できるかなぁ?」と、
若干ドキドキワクワクしながら迎えた
ミサワホームとの契約後第二回目の打ち合わせ。

設計さんが「ご要望を受けて、プランを再作成してみました」
と見せてくださったのが上の(3)ミサワホームの再作成プラン

図の左上部分、玄関辺りに打ち合わせで書き加えた跡が
多くあるのがお分かり頂けると思います。


要約すると、orangecats家の間取り変更案は
「概ね適用可能」。

ミサワ再作成プラン通りに建設した場合に
採用不可となるのは、「リビング階段」。

他の違いは、素人の考え及ばない範囲ながら、
屋根の形が変わること、深基礎が適用となること。

リビング拡大を中心とした変更案が実現しそうなのは一安心。


しかし。だがしかし。

リビングを広げるために、妥協しなければならない点も幾つかある。
・屋根の形が変わる⇒ 太陽光発電は断念せざるをえない?
・深基礎適用⇒ コストが上がる

そもそも家の形が正方形に近い形から長方形に変わるので、
いろいろ弊害があるのは分かる。
(上記2点への対応は別の記事でお送りします。)


しかし、リビング階段が採用できないとは…

リビングは家族のコミュニケーションの中心。
将来の子供たちが、そのリビングを通って自分たちの部屋に
行けるようにと、リビング階段は家づくり計画当初から
条件にしていた大事な項目だった。

落胆するヨメ@orangecats。

「…」

「…」

「…」

見かねた設計さんが一言。
「リビング階段には思い入れがお強いようですね。」

「玄関をこう変えると、リビング階段にできます」
と仰って、書き加えたのが上の(3)の写真。

そして、後の打ち合わせの際に提示いただいた
改訂版が下の写真(4)。

DSC03724.jpg


リビング階段を実現するために、
・玄関を若干狭くする
・玄関の向きを北西 ⇒北東へ変更。



これによって、orangecats家のリビング拡張案と、
リビング階段両方を実現できることとなり、
orangecatsの夢の家の原型が形作られました。
パッと明るくなったヨメ@orangecatsの表情。


ここまでの変更は

変更前:
LDKの広さ 15畳(LDの形は正方形)
1F蔵の広さ 5畳
階段下から玄関につながる収納あり
太陽光発電 1.4kw付き

変更後:
LDKの広さ 17畳(LDの形は長方形)
1F蔵の広さ 4畳
玄関を縮小、玄関開口部の向き変更(北西→北東)
深基礎適用
リビング階段の設置個所、向きを変更

その後も打ち合わせは続きます。
次回以降、屋根の形が変わること、深基礎が適用と
なることへの対応をお届けします。

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

契約後の間取り変更(4) 参考にしたwebsite

間取りについては、もちろんミサワホームのHEや
チーフコーディネーターの方は相談に乗ったり
提案をしたりして下さるのですが、やはり施主である自分たちが
「こうしたい」というのを確り持ってないと、ということで。

ミサワホームで家を建てた先輩方のblogで勉強させていただくのはもちろんのこと、
色んな方のwebsiteや雑誌などなどで間取りを考えました。

間取りドクターサヤのアラウンド間取り図
http://ameblo.jp/madoridoctor-saya/theme11-10021847143.html
・いい動線計画は、人によって、家族によって違う
・ポンチ絵でリビングや水回りなどの要素を簡易的に書き、
 動線をつないでみると動線計画が立てやすい

などなどは目から鱗でした。

http://ameblo.jp/madoridoctor-saya/theme9-10021847143.html

・間取り図に家具を描き込み、人が通るところを塗ってしまい
 白く残ったところがデッドスペース有力候補


後悔しない理想の家づくり
http://honwaka.hannnari.com/

イエマガ
http://iemaga.jp/

次回はミサワホームとの打ち合わせで、間取り変更案は実現できるのか?
又は、出張先特別編をお送りします。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

契約後の間取り変更(3) 間取り大改造!!

手持ちの大事な家具が活用できないことがキッカケとなり、
ミサワホームのオリジナル建築プラン・正方形LDからの
間取り変更提案を決意したorangecats家(2012年5月)。
後悔のない家づくりにするため、間取りや動線をテーマにした
blogを参考にしたり、間取り作成ソフトで
あぁでもないこうでもないといろいろいじってみたり。
旦那@orangecatsの格闘は続く。


我が家の建築計画は、106.35m2の敷地面積に対し建ぺい率40%。
1階の最大床面積は42.54m2でこれ以上には飛んでも跳ねても増やせない。
1Fに配置されるのは、玄関、LDK、トイレ、1F蔵。
限られた面積に間取りをどう組み込むかが鍵となる。

夫婦で話し合って決めたのは、
①LDの広さを最優先
②LDの形は長方形に
③逆に狭めるのは1F蔵と玄関
④1F蔵を狭くすると、連動して1.5Fの洋室も
 狭くなるがやむを得ない

などなど。

変更前のミサワホームのオリジナル建築プラン・正方形LDはこちら。
DSC03627_2013092921452350a.jpg



そして完成した間取り案がこちら。
間取り変更案①

※1Fトイレは階段下のスペースに。

ミサワホームとの契約後第二回の打ち合わせを前に、
間取りを変更したい旨、変更案を添付ファイルにしてメールで送信。


ここまでの違いは、

変更前:
LDKの広さ 15畳(LDの形は正方形)
1F蔵の広さ 5畳

変更後:
LDKの広さ 17畳(LDの形は長方形)
1F蔵の広さ 4畳


orangecats家なりの間取り案は出来たが、懸念は未だある。
・構造的に成り立つのか?
・規制上成り立つ間取りか?
・価格は?

はたして次回ミサワホームとの打ち合わせで、間取り変更案は実現できるのか?
次回をお楽しみに。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。