Orange Catsの花の家

HM建売分譲に寄り道 ~ミサワホームに決めるまで

建売住宅から路線変更して注文住宅、
又はHMの建売分譲を検討し始めたorangecats夫婦。

今日は最終的に注文住宅造りを決断する前に、
並行して検討していたHMの建売分譲探し編をお届けします。


前回お届けした住宅展示場廻りでは、自分達の身の丈に合った
スケールのモデルハウスを見ることができず(当たり前か)。
自分達夫婦が目標としたのは、3LDKで延床面積85m2以上。
駅から徒歩圏内(遠くても徒歩15分くらいまで)。
日当たり重視。
結婚前に二人とも同じ沿線(2駅違い)に住んで
10年以上だったので、住み慣れた沿線で探すことに。

ネットで見つけて見に行ってみたのはダイワにゃんの
建売分譲住宅。徒歩15分圏内は越えてしまい、
駅から徒歩20分ながら最寄駅はヨメ@orangecatsが
お気に入りで10年以上住んでいた街。

アパート跡地に建売分譲で売り出されていたのは4区画。
既に1区画は成約済みで内覧できず。
うち1区画の間取り、収納の豊富さが気に入りましたが
あと一歩、本当あと一歩という感じでした。
日当たりはいいしスーパーにも近い。

しかし難点も幾つかあり。
①長期優良住宅の認定は取れず。
 実現性は殆ど無いながらも敷地の一部に道路建設計画があるため。
②駅から遠い。価格はそれなりに魅力的ではあるけど…
③高速道路が近い。
 騒音は感じないけど是が非でもこの家が欲しいという感じではない。
④高圧鉄塔が近い。人体への影響は無いとの説はあるけど…

まだ家探しを始めたばかりであり、納得行かない点が多いのであれば
この建売分譲に決めるのは早計と判断しました。
普通の建売よりはかなり良いけれど、希望の沿線で
売り出されているHMの建売分譲は絶対数が少な過ぎる。
自分達の理想の家を建てるには、注文住宅が
一番の近道かも知れない。

しかしこのダイワにゃんの建売分譲住宅を見たことで
得たものも多くあります。

①試しに住宅ローンの事前申請を通してみたので、
住宅ローンで組める金額の目安を把握できたこと。
不動産屋やHMの営業マンに○千万円くらい借りれそうですね、
と言われるよりもリアルに資金計画が立てれる。
②登記費用他、家を手に入れるための凡その諸費用額が把握できたこと。
③身近な家のボリュームに触れて、家造りのイメージがクリアになってきた。
④優先ポイントが明確に練れてきた。

などなど。
ダイワにゃんはアメニティアドバイザーの近藤紀子さんや
SK-Ⅱなどとコラボしていて、提案力がありそう。
建売分譲は残念ながら辞退することになったけど、
担当営業マンの対応も非常に紳士的で好感が持てた。
大和ハウスは注文住宅のHM選び第三候補となった。

次回、遂にミサワホームとの出会いが。
乞うご期待。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


スポンサーサイト
別窓 | 建売・HM建売分譲検討 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

建売 発、注文住宅への道

出会いとすれ違い。
一生に一度の家造りでも、きっかけはひとつの出会いから。
思いがけない出会いから、引き寄せられるように家造りが始まる。
一方で、些細なタイミングのすれ違いで
家造りの縁に至らない場合があるのは、偶然かそれとも必然か。

orangecats旦那です。
以前の記事でお伝えした通り、私達夫婦の家選びは
建売住宅探し→HMの建売分譲→HM注文住宅(4社と交渉)
→ミサワホームの蔵のある家で契約 の流れで進んできました。

今日は注文住宅に舵を切った経緯を記しておきたいと思います。


友人の一戸建て検討話に触発されて、
家造りを検討し始めたのは2012年の2月末。
建売住宅を何軒か案内して貰ったものの、イマイチ魅かれるものがない
何でこんなところに柱が?
吹き抜けがこんな場所についていても無駄でしょ?
動線を考えた間取りになっていない…
収納が中途半端。駅から遠いなどなど。

建売住宅を探した期間は短かった。
これ以上探したとしても、建売の中から
自分達の理想とする家には
巡り会えないことは直感的に分かった

建売住宅は初期投資は安く済むが、後々メンテナンス費用が嵩みそう
瑕疵担保責任の期間が10年間しか無く、長期保証が得られない。
耐震性にも疑問が残る。
安かろう悪かろうの家を買うよりも、
多少高くても安心して長く住める注文住宅にする方が、
一生スパンで見た住宅関連コストを少なくできるのでは?
そんな思いから注文住宅、土地探しに大きく舵を切ったのは3月前半


土地探し、HMの建売分譲物色と並行して先ずは近所の住宅展示場に行ってみることに。
初めて訪問したのはPanahomeのモデルハウス。
初モデルハウス突入がPanahomeになったのは、外観が格好良かったから
すんげぇ家だなぁ。
モデルハウスの建築費は1億円以上だそうな。
別にモデルハウス通りに家を建てる必要はないんやけど、
残念ながらPanahomeは高そう、というイメージが残ってしまった。
Panasonicの住宅設備は安く取り付けられるらしいが。


翌週訪れたのは隣の市にある住宅展示場。
アサカワホーム、トヨタホーム、積水ハウス(シャーウッド)、
三井ホーム、住友不動産、タマホームのモデルハウスを訪問。

アサカワホームは営業マンが商談中のため
説明を受けれず、中を見ただけで素通り。
モデルハウスのデザインは格好いいが、アサカワの特質は伝わらず。

当時私達は狭小地に四角い家を建てて、総コストを
抑えられないかと考えていた。
住宅雑誌で見たトヨタホームのエスパシオがかっこよく、
トヨタホームを実際に見たいと感じたことが、
隣市の住宅展示場を訪れたきっかけだった。
応対してくれたのは若手イケメン営業マンのH氏。
トヨタホームはHM選び初期段階の第一候補となった

三井ホームはヨーロピアンクラシックな雰囲気で、よいんだけど
いまいちピンとくるものがない。ふむふむ2X4ね、聞いたことあるなぁ。
住友不動産の家はマンショングレードの内装・建具を使っているので
格調高いとの説明。同じく2X4。
雑誌に載ってた四角い家に中庭があるタイプ。しかしコの字・ロの字に
家を作って中庭を設けると、それなりにコストアップになるらしい。
営業マンが積極的でなかったことから、HM候補には残らず。

正直、まだ住宅の構造に関する知識がなく、木造・鉄骨への
こだわりが無い段階でもう少しHMの話を聞いてみよう、
という気持ちになるかどうかはHM営業マンの積極性によります。

続いてタマホームを訪問。
建売と大手HMの中間価格帯で安く注文住宅を提供しているとの説明。
モデルハウスを見てみると、このグレードで建てれるのであれば、
いいんじゃない?と感じた。
家のメンテナンスの時間軸と所要コストの表を見るまでは

建売と同じく、タマホームは後々のメンテナンスに結構コストがかかりそうな印象。

最後に見たのは積水ハウス(シャーウッド)。
若手営業マンのメガネ君に案内してもらう。
熱心に説明してくれたことと、シェアNo.1であることから
もう少し話を聞いてみたいと感じ、HM選びの第二候補となった

この日はミサワホームとの出会いはまだなかった。
各社のモデルハウスで説明を聞いていると、半日程度では廻りきれず。
ミサワホームとの出会いは意外なキッカケだった。

次回乞うご期待。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

別窓 | 建売・HM建売分譲検討 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |