Orange Catsの花の家

可動棚つくり(7) 収納ネット設置(玄関ホール収納)

玄関ホール収納のDIY可動棚つくり、最終回の
収納ネット取り付けをお届けします。

これまでの関連記事は↓ご参照。
入居後web内覧会(9) 玄関ホール収納
入居後web内覧会(11) (DIY後)玄関ホール収納 -1
一番安全な場所?
可動棚つくり(1) 計画段階(玄関ホール収納)
可動棚つくり(2) 工具と部材の準備(玄関ホール収納)
可動棚つくり(3) 棚柱の設置(玄関ホール収納)
可動棚つくり(4) スーツケース収納計画(玄関ホール収納)
可動棚つくり(5) ハンガーパイプ取り付け
可動棚つくり(6) 棚板設置(玄関ホール収納)


棚板のみだと、実はそんなに使い勝手がいいわけではないので、
DSC05040.jpg

マンション住まいのときに使っていた突っ張りネットを
再利用して、
DSCF0389.jpg

棚柱に取り付け
DSC05197.jpg

気軽に色んなものを
DSC05202.jpg

引っ掛けて収納できるようにしました。
DSC05194.jpg

収納後の姿はこんな感じ。
個人的にはこのネットを付けるアイデアはオリジナリティが
出てると勝手に自己満足している中二病B型の旦那@orangecats。
DSC05218.jpg


再利用で使ってるネットはこちら↓




計画段階では突っ張りネットの丸パイプをそのまま
利用することも考えていたのですが、パイプ分壁から
離れてデッドスペースになってしまうし耐荷重も
それほどないので、棚柱+棚板に組み合わせることにしました。

では完成形をざざっと載せてみます。
DSC05198.jpg

棚板スペースは使用頻度がそれほど高くないものを
置いておくスペースだけど、ネット部分は毎日使うものを
引っ掛けるので重宝しています。
DSC05211.jpg

DSC05206.jpg

DSC05209.jpg

DSC05207.jpg

DSC05210.jpg

DSC05205.jpg

新居で初めてのDIYはいい経験になったので、
2.5Fのロフトやクローゼットなどにも
使い途が決まってきたらDIYのアイデアを練ってみようと
思ってます


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 玄関ホール収納 可動棚つくり | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

可動棚つくり(6) 棚板設置(玄関ホール収納)

玄関ホール収納の可動棚つくり第6弾は、棚板の取り付けです。

これまでの関連記事は↓ご参照。
入居後web内覧会(9) 玄関ホール収納
入居後web内覧会(11) (DIY後)玄関ホール収納 -1
一番安全な場所?
可動棚つくり(1) 計画段階(玄関ホール収納)
可動棚つくり(2) 工具と部材の準備(玄関ホール収納)
可動棚つくり(3) 棚柱の設置(玄関ホール収納)
可動棚つくり(4) スーツケース収納計画(玄関ホール収納)
可動棚つくり(5) ハンガーパイプ取り付け


棚板を取り付けた図。
以前の記事の通り、最上段のスーツケース収納用棚板は
使い回しを考えて奥行45cmではなく25cm+20cmの
2枚使いにしています。
DSC05199.jpg

棚板は近くのホームセンターで買い、収納スペースに合う
長さにカットしてもらいました。
カット面はこちら。ランバーコアの板を使っています。
DSC05034_20140215130025033.jpg

遊びを考慮して1mmくらい実測幅より短めに
カットしてもらいました。実際に設置してみると、
棚板がほんとに収納の幅(棚柱の厚み含む)にピッタリな
サイズになってしまい、引っかかるような抵抗感は
ないものの、ゆーっくり設置する感じになってしまいました。
これは次回別の場所でDIY可動棚を設置するときに
プチ改善ポイントとして生きる経験になりました。

棚板の素材詳細についてはこちらご参照。

実際に使った棚板は↓ご参照。




端材はとりあえずまだ捨ててません。
DIYで何かに使えないか、検討中☆
DSC05212_20140215130027c7e.jpg


上部の棚板には、安全を考えてズレ防止のパーツを使ってます。
DSC05219.jpg






棚板は手前と奥を段違いにして使えるので、長尺ものを
奥に収納して、手前を奥行の浅いものの収納に使うなど
多目的に使い分けることができます。
DSC05220.jpg

細かめにお届けしてきましたDIY可動棚編、
次回は最終回?のネット取り付けです。
仕様検討も細部に亘って計画したので、思い入れをもって
記事にしたくなってしまうんです


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
別窓 | 玄関ホール収納 可動棚つくり | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

可動棚つくり(5) ハンガーパイプ取り付け

玄関ホール収納の可動棚つくり第5弾は、ハンガーパイプの取り付けです。

これまでの関連記事は↓ご参照。
入居後web内覧会(9) 玄関ホール収納
入居後web内覧会(11) (DIY後)玄関ホール収納 -1
一番安全な場所?
可動棚つくり(1) 計画段階(玄関ホール収納)
可動棚つくり(2) 工具と部材の準備(玄関ホール収納)
可動棚つくり(3) 棚柱の設置(玄関ホール収納)
可動棚つくり(4) スーツケース収納計画(玄関ホール収納)

棚板・ハンガーパイプを取り付けて立体的に使えるようになった我が家の玄関ホール収納。
DSC05191.jpg

手前のハンガーパイプは着脱式且つ自由に高さ・位置を変更できる仕様にしました。
DSC05193.jpg

ネット上で見つけた↓のカタログを見て仕様検討。
サヌキ Coconi多目的ハンガーシリーズ カタログ

用意したのはこちら。
壁面収納 Coconi『ココに』コアパーツ ダブルベースタイプ WベースCC-101

壁面収納 Coconi『ココに』コアパーツ ダブルベースタイプ WベースCC-101


壁面収納 Coconi『ココに』アクセサリーパーツ パイプハンガー CC-102

壁面収納 Coconi『ココに』アクセサリーパーツ パイプハンガー CC-102


手前2本の棚柱はネットとハンガーパイプ取り付けのベース用。
DSC05195.jpg

↓の画像はお借りしています。
coconi_cc101_setsumei.jpg

上の制限を考慮して棚柱設置位置を計画。
DSC05200.jpg

奥のパイプハンガーは固定式にしました(ブラケットから外すことも可能)。
DSC05201.jpg
ブラケットとパイプは近所のホームセンターで買ってきました。
パイプはホームセンターでステンレス巻きのものを所定の長さに
切断して貰いました。ブラケットの厚みと側面の壁間の幅から
割り出したパイプ長さから、切断の際は1mm位短めにして
貰いましたが、それでもぎりぎりな感じで遊びが殆どない状態に。
次回同じような作業をする際は気を付けなければ…


ココニシリーズにハンガーパイプは付属していないので、
これまたホームセンターで切ってもらいました。
DSC05203.jpg

ブラケットをはめ込んで完成
DSC05204.jpg

将来上着をここに掛けなくなる可能性は低いとは思う。
しかし可変性を持たせた方が将来的にいいと思い採用したこのシリーズ。
固定式のブラケットだと、ビス止めの際に左側の壁に
入っている電線と干渉する恐れがあり
それを未然に防ぐ上でも意味がある可変式採用でした。


次回のDIY編は棚板やネットの取り付け風景を、
web内覧会は2Fの蔵又は風呂をお届けします。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
別窓 | 玄関ホール収納 可動棚つくり | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

可動棚つくり(4) スーツケース収納計画(玄関ホール収納)

玄関ホール収納の可動棚つくり第4弾は、スーツケースの収納計画です。

これまでの関連記事は↓ご参照。
入居後web内覧会(9) 玄関ホール収納
入居後web内覧会(11) (DIY後)玄関ホール収納 -1
一番安全な場所?
可動棚つくり(1) 計画段階(玄関ホール収納)
可動棚つくり(2) 工具と部材の準備(玄関ホール収納)
可動棚つくり(3) 棚柱の設置(玄関ホール収納)


可動棚つくり計画の軸となったのがスーツケースの収納です。
海外出張の多い旦那@orangecats、行き先・旅程の長短に応じて
複数のスーツケース・ビジネスバッグを持っています。
これまで立体的に使えていなかった玄関ホール収納の空間を
有効活用するために、サイズの大きいスーツケースの必要
スペースから逆算して棚柱や棚板のサイズを決めました。

前回の記事で設置した棚板に、スーツケースを載せたところ。
DSC05040.jpg

このように立てて収納する前提で棚位置を決めました。
収納スペースの奥行は無理なく収納できる丁度よい長さ。
DSC05041.jpg

しまうときは先ず横向きに入れて、
DSC05042.jpg

回転させて
DSC05043.jpg

丁度ぴったり収まる高さに棚板をセットしています。
こうすることで、棚板下スペースの高さを最大活用できます。
DSC05044.jpg

他のビジネスバッグも入れた状態がこちら。
DSC05192.jpg

ハンガーパイプや他の棚板、ネットを追加して
立体的な収納空間が完成しました。
DSC05190.jpg

Excelで作った簡単な設計図。
設計図



Excel画面を右クリックして出てくる図形のプロパティで、
スーツケースの約10分の1スケールのサイズに図形を調整。
しまい方のシミュレーションをしてから、
棚板の必要な奥行= Total 45cmを割り出しました。
50cmだとスーツケースが入りにくく、ハンガーパイプに
かけるコートの幅とも合わなくなります。
奥行40cmだとスーツケースの長さの半分少々しかなく、
傾いてしまう可能性あり。
回転


次回の可動棚つくりは、ハンガーパイプやネットの取り付け。
web内覧会は2Fの間取りをお届けする予定です。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
別窓 | 玄関ホール収納 可動棚つくり | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

可動棚つくり(3) 棚柱の設置(玄関ホール収納)

玄関ホール収納の可動棚つくり第3弾は、棚柱の設置です。

これまでの関連記事は↓ご参照。
入居後web内覧会(9) 玄関ホール収納
入居後web内覧会(11) (DIY後)玄関ホール収納 -1
一番安全な場所?
可動棚つくり(1) 計画段階(玄関ホール収納)
可動棚つくり(2) 工具と部材の準備(玄関ホール収納)

【注】
この工程はミサワホームの木質パネル工法の場合に適用可能です。
あくまで参考に、施工は自己責任でお願いします☆

panel_pic01.gif

別工法の家で、石膏ボードの壁に設置する場合は
石膏ボード用アンカーの使用をお勧めします。


棚柱 片側2本x両側、合計4本で棚板一枚を設置可能になります。
ミサワホームの木質パネル表面の合板を支持層として
ネジが届くのであれば、上の石膏ボード用アンカーは不要です。
DSC05020.jpg

金尺+水平器で棚柱の設置個所に印をつけ、棚柱を仮付け。
実はここまでの工程で8割方完成したようなもの。
ずれが発生すると、棚板がうまく設置できなくなるので
慎重に印つけ・仮付けをしました。


右側の壁には棚板2枚分(4本)に加えて、引っ掛けネット設置用に
棚柱を2本追加設置。
DSC05021.jpg

幅木に棚柱を載せることで、耐荷重がUPします。
DSC05022.jpg

左側の壁にはスイッチとコンセントがあり、電線をビスで
傷つける心配があるので棚板2枚分以外は棚柱の設置を控えました。
DSC05023.jpg

収納上部にはスーツケースなどを収納予定。
スーツケースなどの所要サイズ的に、棚柱の長さ(1820mm)は十分でした。
DSC05024.jpg

玄関ホールとの間には下がり壁があります。
DSC05026.jpg

当たり前ですが、幅木の上に直付けし一定間隔で
棚柱を仮付けするだけでほとんど水平(垂直)が出ました。
ミサワホームさんと工務店さんの精緻な施工に感謝
DSC05027.jpg

棚柱1本につき、ビスを2-3本仮付け。
電動ドライバーと普通のドライバーを併用しました。
仮付け完成後の本付けは、ほぼ電動ドライバーだけでサクサクと作業。
DSC05028.jpg

電源スイッチの近くにはビスを打つのを控えました。
他の場所にビス打ちしているので、耐荷重は十分っす。
DSC05030.jpg

いよいよ棚受け金具を取り付け。
DIYって楽しい~
DSC05033.jpg

奥側の棚板奥行は25cm。
腰高くらいの位置に棚板を取り付けた場合にも、コートハンガーと
干渉しないことを計算してこの奥行にしました。
A4サイズ大の本も、置こうと思えば置けます。
DSC05035.jpg

手前側の棚板奥行は20cm。
奥側の板と合わせて、合計の棚板奥行は45cmに。
スーツケースを収納するのに適正な奥行を計算して
この奥行にしました。
DSC05036.jpg

初めから奥行45cmの棚板一枚ものにしなかったのは、
将来収納するものが変わっても奥行20-25cmの棚板に
しておけば色んな位置に使いまわせるため。
DSC05037.jpg

この可動棚のポイントの一つが、手前側と奥側の棚板を
同じ高さにしたり段違いにしたりできる点。
DSC05038.jpg

ひとまず、スーツケースの収納スペースができました。
DSC05039.jpg

次回は可動棚DIY編の続き 若しくはどこかのweb内覧会をお届けします。
お楽しみに~


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

別窓 | 玄関ホール収納 可動棚つくり | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 | NEXT