Orange Catsの花の家

web内覧会 外構(ナチュラルモダン系)

外構がほぼ完成しました。
天候不順のため、残念ながらブロック塀の笠置の塗装が
残ってしまい、年内完成とはなりませんでした

9月にスタートしたこのblog、一年の締め括りに
現在の外構の様子をお届けします。

我が家では3社の外構業者からプランと見積を貰い、
その内の1社に施工をお願いしました。
義兄と一緒に全てDIYにする案もありましたが、出張が重なる予定で
外構にかける時間を取れず、DIYは断念しました。
防草シート敷きと砂利敷きだけはDIYでやる予定でしたが、
ネットやホームセンターで買うよりも外構業者にやってもらう方が
安く、結局全て業者に任せることにしました。


道路から見上げた我が家。
貴重な晴天の日、洗濯物が干されているのはご愛嬌。
IMG_7940.jpg

一つ前の写真の対角線上反対側にある玄関とサイクルポート(TOEX)。
画像加工が美しくなく、すいません
IMG_7929.jpg

北西側にあるアプローチには自然石を貼りました。
ウッド調フェンスはTOEXのライフモダンⅡで、色はピュアノーチェ。
IMG_7926.jpg


自転車が動きやすくなるように、門扉はあえて付けませんでした。
ポストはブラバンシアの黒、外壁アクセントと色を合わせています。
共働きのorangecats夫婦、奮発して宅配BOXを採用しました。
宅配BOXにシャチハタを取り付けると、送り状にハンコも押してくれる優れもの。
(Panasonicコンボミドル)
IMG_7932.jpg


門から東側の眺め。
エネファームの目隠しのため、常緑ヤマボウシを採用。
(写真は仮植え状態です)
シマトネリコの光沢感が気に入ってましたが、南西道路側に植えると
旺盛に伸びすぎるために不採用となりました。
…何故この位置にエネファームが来たかは追って記事にしたいと思います。
IMG_7935.jpg

幅は狭いですが臨時の駐車スペースを設けました。
(orangecats夫婦は当面車を持たない決断をしました)
ヨメお気に入りのチェーンポールはTOEX製埋没型φ76mm。

左手の木はハナミズキです。
イペ材(ハードウッド)のウッドデッキとウッドフェンスを取り付けました。
リビングから繋がるウッドデッキはとってもいい眺めで
自然と顔がニヤついてしまいます
リビングからのウッドデッキの眺めは後程web内覧会でお届けします。

以前の記事でお伝えした、古塀の大谷石が市道側に若干越境していて
タガネではつった部分は、化粧ブロックの貼り合せでは却って
剥がれてしまう惧れがあるため、モルタル塗り込みの仕上げとなりました。

IMG_7944.jpg




ウッドデッキ側から道を見たところ。
中心に据えたシンボルツリーはエゴノキ。
樹形がよく新緑・花をメインに楽しめるため選びました。

マリンランプと名古屋モザイクのモザイクタイルを付け、
ここは旦那@orangecatsの趣味が反映されています。
IMG_7949.jpg

写真では殆ど分かりませんが、手前からハナミズキ、エゴノキ、
その奥にジューンベリーを植えています。
ウッドデッキの中心には、当初エゴノキではなく、
ジューンベリーを生やす案もありました。

しかし、ジューンベリーの実がウッドデッキに落ちて
汚れてしまう懸念があったため別の場所に変更。
ジューンベリーは新緑、花、実、黄葉と楽しめるため外構プランから外せず
IMG_7947.jpg


庭に植える樹木は、計画段階で植えたいものが沢山ありました。
全部採用するとジャングルになってしまうくらい候補があり
絞り込むのが大変でした。
其々の木が成長して花盛りになるシーズンが今から楽しみです


ライフモダンⅡフェンス
http://toex.lixil.co.jp/lineup/fence/lifemodern.htm

ブラバンシア 郵便ポスト
http://www.brabantia.jp/SHOP/5232/list.html

(パナソニック) 宅配ボックス:コンボ
http://www.lixil-online.com/garden-diy/delivery-box/GO_PA_CTN4020RH_B/

名古屋モザイク
http://www.nagoya-mosaic.co.jp/catalog.html




共働きのため、ぼちぼち進めてきたblogですが、たくさんの方に読んで頂いて
とてもうれしいです。2013年も当blogをお願い致します
みなさん よいお年を☆


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | web内覧会(外構) | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

土地を選んだ決め手とは? ~土地探し編 後編

前回お届けした前編に続き、土地探し編 後編をお届けします。

土地を探し始めたのは2012年3月から。
消費増税や住宅ローン減税を鑑みて、2012年内の入居を目指すには
先ず候補となる土地を絞り込まなければなりませんでした。

しかし、賃貸のアパートやマンションと比べて、
土地は出回っている絶対数が圧倒的に少ないです。
「1-2月は土地が多く出回る」などの季節性もありません。
更に、都内では纏まった広さ(100m2以上)の土地は
希少性が高いことが分かってきました(前回の記事ご参照)。
複数の不動産屋を廻ってみても、見覚えのある物件ばかり。

更に、土地購入だけでローンを組むことはできず、
具体的な一戸建ての建設計画があって初めて、
土地+住宅建設計画の形で住宅ローンを借り入れることが
可能になることに気付かされます。

そんな中で、一目惚れで見つけた新居の土地。
しかし一目惚れとは言え不動産取得は人生初の経験。
さすがにすぐに申し込みに踏み込んだ訳ではなく、
他の候補地も含め、HMの絞込みで残ったミサワホーム、積水ハウス、
ダイワハウス、トヨタホームに建築プラン作成を依頼。
必須条件である、3LDKで日当たりのいい家を建てることが
できることを確認した上で、総合的に吟味しました。

その結果、やはりこの土地を他の人に取られたくないと実感。
100点満点ではないけど、80点以上!!
全ての条件を満たす100点満点の土地なんてないし、
正直他の土地は40-50点。
なによりヨメ@orangecatsがお気に入りの、日当たりのいい南西向き整形地。
ほんとのほんとの決め手は、この土地なら
ヨメ@orangecatsの笑顔をたくさん見れると思ったことです

土地の申し込みから、家造りはいよいよ本格化しました。
土地探しとHM選びをしていた2012年3月末までは、
夫婦で家造りの案を煮詰めたとしても机上の話で、
まだ出費もなくいくらでもやり直しがききました。
しかしいよいよ待ったなしの具体的な家造り段階に進んできました。

次回はweb内覧会か、HM選びの最終段階をお届けします。

正直、web内覧会をもっとやりたい思いもあるのですが、
家造りの経緯を記さないうちのweb内覧会は結構書きにくいものなんです。
何故この間取りになったか、何故この建具を選んだのかとか
それぞれ理由や背景、思い入れがあるものなんで。
いずれにしてもお楽しみに☆


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

別窓 | 土地探し | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

土地を探して三千里 ~土地探し編 前編

出逢いは一目惚れでした
初めから、運命的なものを感じていました


それが新居を建てた土地との出逢いでした。
「スゴい 日当たり良さそう☆ ここいいね
思わず声をあげたヨメ@orangecats。
今日は土地探し編 前編をお届けします。


不動産業界では、土地探しは結婚に似ていると言われるそうです。
第一印象が決め手になることが多い。
タイミングが大事。
他には、その土地を逃した場合にどう感じるか。
その結婚(土地)が本当に良かったかは20年後に分かるなどなど。

他にも言われるのは、最近認知度が高まっている婚活とも似ているなと。
単に時間をかければいいというものでもない。
どういう条件の相手(土地)がいいのか、希望をはっきりさせることが重要。
目標条件が定まらないうちに沢山見過ぎると、
ますます何がよいのか分からなくなってくる、
しかしある程度は多くの候補に触れた方が出会いの確率が高まるなど。


土地の購入は、十分に納得した上で進めたいと考えてました。
「年も年だし、この辺で妥協してこの人と結婚するか
という決め方はしたくなかった。
ほんとにこの土地が欲しいんだ、
ここに家を建てたいんだという決意がないと、
一生に一度の高い買い物、
土地や家を手に入れるというところまでいかないのではないかと思います。


いろいろな土地は見てみましたが、
なかなかこれ、という土地には出会うことはできず。
いい人なんだけどね~、でも決め手にかけるのよね。
そんな感じ。
変形地だったり、狭かったり、旗竿地だったり、
駅から遠かったり、価格が異次元、などなど。

説明を受けたのは、土地に掘り出しものはないということ。
価格が高い土地は、やはり条件が格段によいです。
一方で安い土地にはそれなりの理由があると。


不動産屋にとっては、建売住宅を販売することが利益率が高いらしいです。
それを聞いたことも注文住宅に傾注したきっかけでした。


不動産屋や施工業者の利益率が高いということは、
建売住宅は「いかに安く建てるか」に力点が置かれていて
住む人にとって「よい家」と言えないのではないか。

建売にした方が、不動産屋も施工業者も潤うため、
初めは土地として売り出された物件であっても、
あっという間に建築条件付きの土地になり、建売住宅の建設計画がつき、
しまいには建売住宅として売り出される破目になる。

整形地で、まとまった広さの土地があっても
2分割、3分割されて2階建ては建てることができない広さの
土地にした上で販売されることが多い模様。
その方が不動産屋の儲けが大きいため。
しまいには土地探しで案内してくれた不動産屋も
「建売どうですか?」と勧めてくる始末。

そんな不動産業界の仕組みもあり、都内ではなかなか纏まった広さ
(100m2以上)の土地が売りに出にくいことが分かってきました。

次回も土地探し編をお届けする予定です。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
別窓 | 土地探し | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

web内覧会(入居前) (3) 階段室

階段室。
あえて言おう、階段「室」と。

何故「室」を付けるのか。
部屋が増えた気分になるからである。

旦那@orangecatsです。
アパートやマンション暮らしが長かったワタクシ、
居住空間に階段ができることに何故かワクワクしてました。
しばらく我が家に無かった立体的な空間。
注文住宅だけに、どんな風にアレンジしようかと。

たかが階段。されど階段。

限られた敷地・空間であるが故に、単なる移動経路だけに留めず、
複数の機能を持たせたい。
一戸建てを建てた先輩方の例を見ると、階段にニッチをつけたり、
書棚スペースにしたりと、勉強になる例が豊富に。


色々と野望はありました。
階段途中にガラスブロックを付けてトップライトの光を反射させようかとか、
ハリウッド映画に出てくるような階段ギャラリーにしようかとか。

残念ながら結局どれも採用に至らず。
理由は時間切れのため。

普通の2階建て住宅の階段の場合、腰壁がこう通って、天井の仕上げの形は…など、
ある程度階段の形の想像がつきます。
しかし、2.5Fまである蔵つき4層構造の家の階段は複雑で、
実際に取り付けられるまでどんな形になるのか確たる予想がつかず。
上棟立会いの際に工務店さんに階段の壁の仕上げアレンジをお願いしてみては?と
ミサワのCC、Sさんから提案あったものの結局は時間切れに。


今日は久々の入居前web内覧会、階段をお届けします。
我が家は1F-1.5F-2F-2.5Fの4層構造のため、階段もそれなりの長さがあります。


1Fリビングから見た階段。
家族のコミュニケーションを重視してリビング階段にしました。
IMG_6040.jpg

右手に見えているのは1.5Fの入口。
冷暖房効率を鑑みて、リビングの階段入口に引き戸設置を検討しましたが
MGEOが入っている壁と干渉するので取り付けられず。


上の写真の1.5Fの踊り場から2Fを見上げたところ。
2Fには水周りと蔵があります。
IMG_6119.jpg


踏み板は1Fで採用しているRMガードフロア・ホワイトアッシュの近似色。
写真右端、2.5Fの入口ドアを開ける前の踊り場からチェリーになってます。
(2.5F寝室のフローリングはチェリーを採用)
IMG_6087.jpg


方角的には北東に位置する階段。
トップライトを採用したのでとても明るく、ヨメ@orangecatsもお気に入りの空間です。
IMG_6113.jpg


採光よりも換気の効果が高いらしく、9月末の引渡しのときは
トップライトを開けると熱気が抜けていくのが実感できました。
IMG_6115.jpg


電気を点けるとこんな感じ。
IMG_6386.jpg


2Fから1.5F入口を見たところ。
IMG_6388.jpg

入居後、階段室を爽やかな空間にしようと野望が膨らんでいます。
後日web内覧会でお届けしたいと思いますんで、お楽しみに☆


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

別窓 | 階段室(入居前) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミサワの蔵にハマった

「ミサワの蔵」インパクトの興奮冷めやらぬ土曜日。
ヨメ@orangecatsを連れて、別の街にある住宅展示場を
訪問したのは2012年3月末のこと。
orangecats夫婦が家造りを本格的に検討し始めてから、
丁度1ヶ月が経過していた。

本来の目的はダイワにゃんを見に行くことだったが、
縁あってミサワホームのモデルハウスに入り浸り。
ミサワのHE、Oさんとの出会いによって、orangecats夫婦の
家造りは急展開を見せる。

今振り返ってみると、旦那@orangecatsはこのときはまだ
「ミサワの蔵」の本質を理解していなかった。
単なる大収納空間、程度に感じていたが、
「蔵」のメリットはそれに留まらない。
orangecats夫婦が求める都内の限られた敷地の中での家造り。
快適な住環境を確保して理想の家造りをする上で、
Oさんが説明する蔵のメリットは
自分達と「相性がいい」ことをorangecats夫婦は実感することになる。


その日、最初に訪問したのはダイワにゃん。
前回の記事の通り、建売分譲は辞退したものの
ダイワにゃんの提案力に期待するところが大きかった。
更に、利便性重視の都心型3階建てか、
日当たりなどの住環境性重視で都内市部で2階建てを建てるか、
その見極めのためにも、前者型のダイワにゃんのモデルハウスを
肌で感じて来よう、というのが当初の住宅展示場訪問の目的だった。

2度あることは3度ある。
ダイワにゃん営業マンは来客対応中で、説明を受けることができず。
「申し訳ないが、担当営業マンをアサインして後程連絡するので
 少し待って欲しい」という話になった。後日担当営業となった
Mさんから参考プランなどを貰ったが、その他のHMのプラン造りとは
一週間ほどのタイムラグが生じた。
後にこの一週間のズレは大きな意味を持つこととなる。


続いてorangecats夫婦は、ミサワホームのモデルハウスに
引き寄せられるように入っていった。


凝り性でお調子者なB型。
それが旦那@orangecatsの類型である。
都内で一人暮らしを始めてからインテリアに凝り始めた旦那@orangecats。
凝り性が高じて、数年前にインテリア雑誌に自身の部屋が掲載されるなど、
インテリアや動線、家の仕組み造りには興味があった。
そして収納はインテリアのメリハリを利かせる上で重要と、
自分達の家造りの上でも収納を重視していた。


青が大好きで、インテリアの色調も青・白が多い旦那@orangecats。
ミサワホームのモデルハウスはやや奥まった場所にあったが、
ミサワホームのテーマカラーの青色に引き寄せられていく。
更には夕刻まで入り浸ることとなった。
「ここが昨日、面白いって言ってたHMだね」
ヨメ@orangecatsの足取りも軽やか。


Oさんよりミサワの蔵のメリットについて説明を受ける。
収納性以外にも、蔵を設置することにより、
・家全体の高さを高くすることができる(2F建てでも実質2.5Fくらいの高さになる)
・高天井を取りやすくなるため、開放感を得ることができる
・高天井によって、日当たり・風通しがよくなる
・眺望・プライバシーの確保(ミサワの家が少し高くなるので、隣家の窓と目線がかち合わない)
・遮音性が得られる。1Fと2Fの間に蔵がある場合など。
・天井高1.4mまでは固定資産税算出の際の延床面積に不算入
・万一の天災に備えて、備蓄食料貯蔵庫として活用可能

なるほど! へぇ。マジっすか
ミサワの蔵って、メリットがそんなに沢山あるんすか。

気が付けば既に夕刻。住宅展示場を後にしながら、
orangecats夫婦は顔を見合わせた。

「ミサワホームが一歩リードだね」

この日、HM選びに残った4社が出揃った。
次回はweb内覧会にするか
土地探し編をお届けするか考え中ですが、お楽しみに。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村




別窓 | ミサワホームとの出会い | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ミサワホームとの出会い

建売探しからの脱却を決めてから、土地探しと並行して
HMの特色把握を進めてきたorangecats夫妻。
途中ダイワにゃんの建売分譲を経由。
自分達の理想の家を手にするには、
やはり注文住宅が最善と感じ始めていた。


その日、所用で金曜日に休みを取った旦那@orangecatsは
近隣の住宅展示場を訪れた。
以前Panahomeのモデルハウスに初突入した展示場。
まだ立ち寄っていないHMのモデルハウスを覗いてみた。


最初に入ったのは住友林業。
土地サポートシステムなる土地探しから家造りまでを
サポートするシステムがあると。
しかし都内だとそれほど土地を紹介できないんですが…
との期待薄なコメントが
他のHMと比較すると、比較的じっくり建てるとの説明。
つまり工期が長い点がネックとなりそうな予感。
できる限り、年内に建てて住宅ローン減税のメリットを
享受したいと考えている自分達にとって、相性がいいとは思えず。


次に入ったのがミサワホーム
モデルハウス入口には「蔵のある家」の立て看板が。
CMの力か、家造りは遠い先の話と思っていた時期でもミサワの名前は知っていたし、
「蔵のある家」は、何年か前に住宅関連雑誌で見た記憶がある。

残念ながら、金曜のためか営業マンが出払っていて不在のため、
受付の女性に簡単に案内してもらった。

リビングの書棚風の建具を「もしや?」と思い開けてみると
そこにはミサワホームの最大の特色である蔵が。
(写真は某展示場の写真をお借りしています ※実際に訪れた展示場とは異なります)

s-nerima14.jpg


S-展示~1



「おぉっ!!」

思わず声をあげた旦那@orangecats

これは面白い!! 
頭の中には「ミッション・インポッシブル」のテーマが流れる。
スパイ映画か、忍者屋敷のようなギミック。
更に、都内に住んで10年余、
収納の重要性は痛いほど知っているワタクシ。
その日の夜、帰宅したヨメ@orangecatsに、内覧した各HMの印象を伝える。
特に、ミサワの蔵は面白いよ~と


その他、セキスイハイムは全館換気空調システムが
印象に残ったがミサワの蔵ほどのインパクトは無し。
へーベルハウスは軽量発砲コンクリート+重量鉄骨の組み合わせが
オーバースペックとなりそうな感覚を覚えた。


翌日、ヨメ@orangecatsを連れて別の街にある住宅展示場を訪問
当初の目的はダイワにゃんを見に行くことだった。

前回の記事の通り、建売分譲は辞退したものの、
ダイワにゃんの提案力に期待するところが大きかった。

ダイワにゃんを見に行ったら、ミサワにハマった。
それがミサワのHE、Oさんとの出会いだった。
そしてorangecats夫婦の家造りは加速度を増していく

次回、君は刻の涙を見る


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村
別窓 | ミサワホームとの出会い | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

HM建売分譲に寄り道 ~ミサワホームに決めるまで

建売住宅から路線変更して注文住宅、
又はHMの建売分譲を検討し始めたorangecats夫婦。

今日は最終的に注文住宅造りを決断する前に、
並行して検討していたHMの建売分譲探し編をお届けします。


前回お届けした住宅展示場廻りでは、自分達の身の丈に合った
スケールのモデルハウスを見ることができず(当たり前か)。
自分達夫婦が目標としたのは、3LDKで延床面積85m2以上。
駅から徒歩圏内(遠くても徒歩15分くらいまで)。
日当たり重視。
結婚前に二人とも同じ沿線(2駅違い)に住んで
10年以上だったので、住み慣れた沿線で探すことに。

ネットで見つけて見に行ってみたのはダイワにゃんの
建売分譲住宅。徒歩15分圏内は越えてしまい、
駅から徒歩20分ながら最寄駅はヨメ@orangecatsが
お気に入りで10年以上住んでいた街。

アパート跡地に建売分譲で売り出されていたのは4区画。
既に1区画は成約済みで内覧できず。
うち1区画の間取り、収納の豊富さが気に入りましたが
あと一歩、本当あと一歩という感じでした。
日当たりはいいしスーパーにも近い。

しかし難点も幾つかあり。
①長期優良住宅の認定は取れず。
 実現性は殆ど無いながらも敷地の一部に道路建設計画があるため。
②駅から遠い。価格はそれなりに魅力的ではあるけど…
③高速道路が近い。
 騒音は感じないけど是が非でもこの家が欲しいという感じではない。
④高圧鉄塔が近い。人体への影響は無いとの説はあるけど…

まだ家探しを始めたばかりであり、納得行かない点が多いのであれば
この建売分譲に決めるのは早計と判断しました。
普通の建売よりはかなり良いけれど、希望の沿線で
売り出されているHMの建売分譲は絶対数が少な過ぎる。
自分達の理想の家を建てるには、注文住宅が
一番の近道かも知れない。

しかしこのダイワにゃんの建売分譲住宅を見たことで
得たものも多くあります。

①試しに住宅ローンの事前申請を通してみたので、
住宅ローンで組める金額の目安を把握できたこと。
不動産屋やHMの営業マンに○千万円くらい借りれそうですね、
と言われるよりもリアルに資金計画が立てれる。
②登記費用他、家を手に入れるための凡その諸費用額が把握できたこと。
③身近な家のボリュームに触れて、家造りのイメージがクリアになってきた。
④優先ポイントが明確に練れてきた。

などなど。
ダイワにゃんはアメニティアドバイザーの近藤紀子さんや
SK-Ⅱなどとコラボしていて、提案力がありそう。
建売分譲は残念ながら辞退することになったけど、
担当営業マンの対応も非常に紳士的で好感が持てた。
大和ハウスは注文住宅のHM選び第三候補となった。

次回、遂にミサワホームとの出会いが。
乞うご期待。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


別窓 | 建売・HM建売分譲検討 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

建売 発、注文住宅への道

出会いとすれ違い。
一生に一度の家造りでも、きっかけはひとつの出会いから。
思いがけない出会いから、引き寄せられるように家造りが始まる。
一方で、些細なタイミングのすれ違いで
家造りの縁に至らない場合があるのは、偶然かそれとも必然か。

orangecats旦那です。
以前の記事でお伝えした通り、私達夫婦の家選びは
建売住宅探し→HMの建売分譲→HM注文住宅(4社と交渉)
→ミサワホームの蔵のある家で契約 の流れで進んできました。

今日は注文住宅に舵を切った経緯を記しておきたいと思います。


友人の一戸建て検討話に触発されて、
家造りを検討し始めたのは2012年の2月末。
建売住宅を何軒か案内して貰ったものの、イマイチ魅かれるものがない
何でこんなところに柱が?
吹き抜けがこんな場所についていても無駄でしょ?
動線を考えた間取りになっていない…
収納が中途半端。駅から遠いなどなど。

建売住宅を探した期間は短かった。
これ以上探したとしても、建売の中から
自分達の理想とする家には
巡り会えないことは直感的に分かった

建売住宅は初期投資は安く済むが、後々メンテナンス費用が嵩みそう
瑕疵担保責任の期間が10年間しか無く、長期保証が得られない。
耐震性にも疑問が残る。
安かろう悪かろうの家を買うよりも、
多少高くても安心して長く住める注文住宅にする方が、
一生スパンで見た住宅関連コストを少なくできるのでは?
そんな思いから注文住宅、土地探しに大きく舵を切ったのは3月前半


土地探し、HMの建売分譲物色と並行して先ずは近所の住宅展示場に行ってみることに。
初めて訪問したのはPanahomeのモデルハウス。
初モデルハウス突入がPanahomeになったのは、外観が格好良かったから
すんげぇ家だなぁ。
モデルハウスの建築費は1億円以上だそうな。
別にモデルハウス通りに家を建てる必要はないんやけど、
残念ながらPanahomeは高そう、というイメージが残ってしまった。
Panasonicの住宅設備は安く取り付けられるらしいが。


翌週訪れたのは隣の市にある住宅展示場。
アサカワホーム、トヨタホーム、積水ハウス(シャーウッド)、
三井ホーム、住友不動産、タマホームのモデルハウスを訪問。

アサカワホームは営業マンが商談中のため
説明を受けれず、中を見ただけで素通り。
モデルハウスのデザインは格好いいが、アサカワの特質は伝わらず。

当時私達は狭小地に四角い家を建てて、総コストを
抑えられないかと考えていた。
住宅雑誌で見たトヨタホームのエスパシオがかっこよく、
トヨタホームを実際に見たいと感じたことが、
隣市の住宅展示場を訪れたきっかけだった。
応対してくれたのは若手イケメン営業マンのH氏。
トヨタホームはHM選び初期段階の第一候補となった

三井ホームはヨーロピアンクラシックな雰囲気で、よいんだけど
いまいちピンとくるものがない。ふむふむ2X4ね、聞いたことあるなぁ。
住友不動産の家はマンショングレードの内装・建具を使っているので
格調高いとの説明。同じく2X4。
雑誌に載ってた四角い家に中庭があるタイプ。しかしコの字・ロの字に
家を作って中庭を設けると、それなりにコストアップになるらしい。
営業マンが積極的でなかったことから、HM候補には残らず。

正直、まだ住宅の構造に関する知識がなく、木造・鉄骨への
こだわりが無い段階でもう少しHMの話を聞いてみよう、
という気持ちになるかどうかはHM営業マンの積極性によります。

続いてタマホームを訪問。
建売と大手HMの中間価格帯で安く注文住宅を提供しているとの説明。
モデルハウスを見てみると、このグレードで建てれるのであれば、
いいんじゃない?と感じた。
家のメンテナンスの時間軸と所要コストの表を見るまでは

建売と同じく、タマホームは後々のメンテナンスに結構コストがかかりそうな印象。

最後に見たのは積水ハウス(シャーウッド)。
若手営業マンのメガネ君に案内してもらう。
熱心に説明してくれたことと、シェアNo.1であることから
もう少し話を聞いてみたいと感じ、HM選びの第二候補となった

この日はミサワホームとの出会いはまだなかった。
各社のモデルハウスで説明を聞いていると、半日程度では廻りきれず。
ミサワホームとの出会いは意外なキッカケだった。

次回乞うご期待。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

別窓 | 建売・HM建売分譲検討 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

我が家に彩り加わる ~家造り進捗

我が家に少しずつ彩りが加わってます。 

DSCF3027.jpg


休日を使って、少しずつ引越し後の片付けを進めています。
引越しダンボールもほぼ無くなり、
ようやく我が家も家らしくなってきました。
まだ引越し後の家具つきWeb内覧会をお届けできるまでは
至ってないですが、ぼちぼち進めていきます。

外構プランもほぼ固まり、クリスマス・年末には
ほぼ完成形が見れる予定。
兄弟家族を招いての新年会が、我が家の初お披露目となる予定です。

年内は、家造りの経緯とweb内覧会を交えながらお届けしますので
お楽しみに。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村



別窓 | 引渡し後 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |