Orange Catsの花の家

web内覧会(入居前) (5) キッチン -2

Sーclassシステムキッチン> 色は(やはり!?)ホワイト・・
IHではなく、ガスコンロ(ガス床暖・エネファーム利用なので)
・レンジフードは、お掃除が楽なスマートフード
・共働きなので食洗機は必須!→フライパンや鍋も入る深型サイズに変更
・水栓は、浄水器を追加!
・カウンター柄は、ビューホワイトへ
・シンクは、ステンレス→スキマレスシンクへ

と、グレードアップしました。

IMG_6292.jpg


ホントに色々な便利機能がありますね~
トリプルセンサー水栓
蒸気処置機能(ポットや炊飯器などの蒸気から上部棚板を保護)
根菜キーパー(浮遊カビ制御のナノイー発生、湿度調整の収納場所)
脱臭ユニット(ダストボックスワゴン上部に取り付け匂い軽減) 

などなど。。。

パンフレットは穴が開くんじゃないかというくらい見ました。
・・と、そうしている時に、新発売のパンフレットがあることに気が付きました。
6/21新発売!
どれにしようかと考えPanasonicに決定し見積取得した時期が6月初旬。
まだ仕様変更も可能な時期でしたので、早速・・Panasonicショールームへ!

ショールームが勤務地から近い事もあり、
お昼時間を利用して、たびたび通いました。

6/15頃:まだ発売したばかりでショールームには展示されておらず・・残念×。
受付の方に尋ねると『今、工事しているので来週くらいですかね』と

6/20頃:最初はL-Class 展示・・・
←カスタマイズが出来たり便利機能が盛り込まれた仕様、
色の選択肢が増えS-Classよりグレードが高い製品からの展示でした^^;

6/末:S-Class展示されました~! 新旧では何が違うのか?・・
システムキッチンは大きくは変わらないように思いました
持ち手箇所のデザインが変更されていたり、引出しの有効奥行が広がったりと
カップボードは、新型が増えてました。
私が希望していたゴミ箱を隠せる一体の食器棚タイプが組合わせであったのです!
(旧シリーズは、カップボード棚の下が空いてそこにゴミ箱を入れるので隠せませんでした)
そして、旧シリーズと同仕様で新シリーズへ変更した見積を頂くことにしました。
もちろんカップボードは新型を選択★

IMG_6378.jpg

IMG_6296.jpg


四回目:浄水器
パンフレットをみて、シンク周りがすっきりしていて、お値段的にもやさしい
水栓を浄水器一体型にしていましたが、一応・・実物を見てみよう!と、
またまたショールームへ

水栓にはシャワー付を導入していましたが、それ+浄水器なので、
手に持つとあまりにもごっつい!握りずらいものでした・・
デザインもあまり美しくなかったし・・
パンフレットでは分かりにくい部分ですね。
急遽、浄水器は一体型を止めて、別での取付けタイプに変更しました。
お値段UPしました^^;

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | キッチン(入居前) | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

web内覧会(入居前) (4) キッチン -1

ヨメ@OrangeCats です。
旦那がせっせとブログアップしている中、
遅ればせながらのんびりキッチンの内覧会です。

システムキッチンはPanasonicにしました。
そこへ辿りつくまでには色々と・・・

IMG_6292.jpg

IMG_6297.jpg

ミサワの見積は、LIXILでしたのでそちらをメインにショールーム巡りをしました。
他にYAMAHAやTOTOなど・・
Panasonicは、当初ブランド力があり高額なイメージを持っていて選択肢にはありませんでした。
しかしながら、都内では一番ショールームが大きいと聞き
とりあえず見るだけ~というスタンスでPanasonicショールームへも行きました。
B1Fから2Fまで商品も豊富に揃っておりさすがだなと思いながら
「高い!」いう勝手な思い込みのもと・・・とりあえず参考に・・と。

そこから何故Panasonicにしたのか!というと

ミサワさんはLIXILとPanasonicの取引が沢山ある為、
この2社は値引率が非常によかったこと!
それにより、LIXILとPanasonicの二択に絞られました。

T社やY社も見積を取りましたが、
目が飛び出る程の高額でした・・ね^^; 値引率がこんなにも違うとは・・

LIXILは色合いが豊富でデザインもgoodでしたが、
決め手は、カップボードでした。
Panasonicはゴミ箱を収納できるタイプがあったから。

IMG_6378.jpg


実は、このゴミ箱の収納タイプ(希望の仕様:正面から見えないように
一体の食器棚のようなもの。ごみ箱を開ける時に屈まず開けるもの)を探す為に
大塚家具や幕張メッセでの家具フェアまで足を運んで沢山見回りましたが、
よいと思った製品もありましたが家との兼合い(窓の位置や天井棚・耐震性)もあり、結局のところ・・×。

もう一度LIXILやPanasonicに行き
最終的には、機能的に良かったPanasonicに決めました。

IMG_6296.jpg

カウンター側から ↓
写真

リビングからの眺め ↓
IMG_6310.jpg


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | キッチン(入居前) | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨

空港で雑魚寝したりインドの家だったり(出張先特別編)

僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。

前々回の記事の書き出しと一緒やん!! と
心の中でツッコミを入れたあなた、立派な当blogの愛読者です。
取り急ぎバナー↓をポチッとクリックして応援頂けると、
blogランキングに反映されて旦那@orangecatsが小躍りします。

にほんブログ村

この一週間、「帰る家」「安らぐ場所」があることが
なんと恵まれていることか、実感することが続きました。

1/14(月祝)から18(金)まで、インド出張に行ってきました。
…となる筈でしたが、出発は1/15(火)になってしまいました。
結論から言うと、1/14(月祝)は大雪の影響で
成田空港で雑魚寝する羽目になってしまいました。
そして出張先のインドでは、食うや食わずの生活をしている
インドの人々に触れた。
家があることがどれだけ幸せなことか痛切に感じました。

<成田空港で雑魚寝したぜ☆>
ご存知の通り、1/14(月祝)は都心が7年振りの大雪に見舞われた日。
雪国に住む人々にとっては屁でもないレベルの積雪8cm。
しかし雪に慣れていない南関東の交通インフラは、
雪に対する脆弱性を露呈してしまう。
通常の7倍の時間をかけて、漸く成田空港に辿り着いた
成田エクスプレス。
しかし乗るはずのインドへの飛行機は既に発った後。
欠航が相次いだ中で飛んだだけマシ、と言いたいが
乗れなければどうしようもない。


航空会社は成田市内のホテルの空室を探してくれたが、
既に各航空会社が雪対策でホテルを確保した後のため
空室はゼロ。
JRの遅延起因のため、航空会社が確保済みの
ホテルは旦那@orangecatsに割り当てられず。
市外のホテルを探そうにも雪のためタクシーも動いていない。
「しょーがねー、空港に泊まるか!!」とあっさり決意。
むしろ一回くらいこういう経験してみるのもよいかと。


残念ながら、チェックイン前なので空港ラウンジの
仮眠スペースを利用することもできず。
空港のマッサージチェアを確保してそこで一夜を明かそうかと。
自分と同じ境遇で空港に泊まらざるをえなかった人は
外国人も含め結構多く、空港職員?の人がエアーベッドと
寝袋を配って下さったため、途中から一気に睡眠環境が快適(?)に。
マッサージチェアが設置されているのは日当たりのいい窓側。
暖房が効いているとは言え、窓側は若干寒いです。
注文住宅を建てたため、「ここは複層ガラスじゃない?」とか
一瞬頭をよぎりました。

インドと携帯で連絡を取りながら、夜は更け翌日一日遅れで
何とかインドに辿り着くことができました。

<インドの家>
以前お送りしたのは出張先特別編・アメリカの家。

今回は一転して、超格差社会のインドへの出張です。
「首都のデリーを見ただけでインドを語るなかれ」と
言われましたが、感じたことを率直に書いてみます。

現地滞在時間が2日間に短縮されてしまい、本当に
上っ面を撫でた程度かもしれないですが、
中学の教科書に出てきたような、牛が道を歩いていたり
野犬が多かったりバラック住まいの一角が所々にあったり。
しかし一部でこの国の奥の深さを感じたり。
仕事中は写真を撮れる状況にないのでほんの触りですが、
こんなところも見てきましたって感じです。
DSCF3040.jpg

多分この写真の建物に住んでる人達は比較的裕福な層ではないかと。
最下層の人達の家々?は写真に撮るのも憚れる思いでした。
DSCF3041.jpg

オマケで空港でみつけた象の像。
DSCF3044.jpg


帰国して家の暖かさに触れるとホッとします。
次回はweb内覧会の予定です。お楽しみに☆

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | インド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

HM選び 1ヶ月戦争(2)

前回に引き続き、HM絞込み最終局面を
一部ガンダム風にお届けします。
興味のある方はお付き合い下さいまし(笑)。

orangecats夫妻が注文住宅造りに的を絞って、
既に半月が過ぎていた。
多くの人々が一戸建てを夢見て、
人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。

2012年4月、この一ヶ月間でorangecats夫妻は
ハウスメーカー4社にプラン作成を求め、
交渉・絞込みを進めていった。
戦争交渉は膠着状態に入り、2週間が過ぎた。

前回の記事でお届けした、HM絞込みの5段階評価表。
HM評価

ダイワハウスの修正プラン・見積提示が他メーカーより
一週間遅れ、最終評価はダイワハウスの評点記入待ちに。
ミサワがリードしていたものの、ダイワハウスの提案力に
期待するところ大きく、最終的に契約するHM決定までには踏み切れず。
この一週間のタイムラグはダイワハウスの営業マンとのすれ違いから


5段階評価表の元となった各HMとの交渉状況は下記ご参照。
-------------
■積水ハウス
他社に先行して、長期優良住宅認定の条件である
1Fの床面積をクリア。
4社とも長期優良住宅仕様が標準ながら、構造の他に
必要となる1階の床面積40m2以上に関連して、
階段の下に一定の使途がある場合の軽減措置」を自治体に確認、
長期優良住宅認定の目処がついた。
建築プランは至って普通の2階建て3LDK。
小屋裏収納乃至、ロフトは追加料金が発生する点が難点。
他にも1Fの床面積(特に階段下面積)確保のため、
2階の廊下が長くなってしまう点が気にかかった。

■トヨタホーム
当初4番手候補だったが、2回目の打ち合わせで提示された
プランの間取りが秀逸、しかも見積価格が最安。
最終比較段階では2番手に躍り出た。建売分譲を何軒か
見せて貰い、具体的な家のイメージが湧きやすくなった。


■ダイワハウス
建売分譲を見たことから、提案力への期待大。
ミサワ以外では唯一構造説明会に参加。
説明会の後で初回の打ち合わせを実施。
メールで事前に貰っていた建築プランを叩き台に、
更に細かな間取り要望や優先順位などを伝えた。
一週間後に修正プランと見積が提示されることとなった。

■ミサワホーム
「蔵」の10のメリットの他にも、
耐震性、構造の堅牢性、インテリア性の高さが高評価。
価格は想定よりも高めだった。


住宅ローン減税、消費増税を鑑み年内入居を目指すためには
悠長に構えるつもりはなかったものの、土地の決済を考えても
5月に契約できればいいかなと考えていた一方で、
各HMからは早めに契約して欲しいとのプレッシャーがひしひしと。


ミサワホームからは値下げ額はキャンペーン期間内のみ有効なので
期間内の契約を勧められた。HMの常套手段ではあるが。
それよりも、強い納得感がないと契約に踏み切れない思いが強かった。
ダイワハウスの修正プランが出ておらず、最終決断には
時期尚早と感じていた。

ミサワホームに対し、自分達夫婦にとっては
家造り決断のプロセスが重要である旨説明。

マイホームは自分達の毎日の生活の基盤、根幹であり、
楽しい生活の舞台、器となるものであること。
家造りはライフスタイル確定の作業になること。
一生で一度の大きな決断であること。
金額に大きな差があれば極端な話、ヨメ@orangecatsが
長く仕事を続けなければならないかも知れない。
自分も残業続きでないとローンを返せないかもしれない。
それによって家族が共に過ごす時間が少なくなるのであれば
本末転倒であること。

HM選びをミサワホームがリードしているのは間違いないが、
ダイワハウスの修正プラン・見積が未だ出ていないこと。
一生に一度の大事な決断であるからこそ、中途半端な気持ちではなく
心底納得して決断したい、プロセスを重視したい思いが強いことを説明しました。

交渉の結果、ミサワホームへの最終回答はダイワハウスとの
2回目打ち合わせ後となる一週間後にすることで合意。
ミサワに対しては、自治体にかけあって、1F床面積に絡む
長期優良住宅認定取得の目処を立てて欲しい旨依頼。


そんな経緯で迎えたダイワハウスとの打ち合わせ。
残念ながら期待外れに終わってしまった。
何故か事業部長さんが同席する、たいそうな打ち合わせになり、
プレゼン手法も凄かったし建築プランを模型にして出してくれたりもした。
しかし肝心の中身が薄い感じ。

初回の打ち合わせの際は、ダイワハウスの営業さんや
設計さんは自分達の提案を吸い上げて、よりよい提案に
昇華させてくれそうな手応えがあった。
しかし2回目の打ち合わせでは、自分達が伝えた提案事項が
殆ど反映されておらず、どちらかと言えば
ダイワハウスの商品プランに自分達を当て嵌めようとしている感じ。
あえて今回はこのように提案させて頂いたとの説明。

察するに、事業部長さん同席の打ち合わせになったので
何らかの制限があったのではないかと。
事業部長さん同席でなければ、初回打ち合わせで提案した
内容が修正プランにもっと反映されていたのではないかと。
値段は意外と高かった。念押しで値下げ幅を聞いたところ、
殆ど下げれないと。

翌日にはミサワへの最終回答を控え、その夜は夫婦で
みっちり話し合うことを想定していたので何か肩透かし。
あと一週間時間があれば。
ダイワハウスのモデルハウス訪問時に、営業担当と話ができていて
他のHMと比較検討段階が同時進行となっていれば、
ダイワハウスに再度修正案を求めることはできたかもしれない。
しかしダイワハウスの値段は下がらないとのことなので、
それを元にHM絞込みの5段階評価表が確定。
間取りなどでよいプランが今後出てきたとしても、
この価格を前提に判断せざるをえない。


旦那@orangecatsの中ではミサワとの出会い以来、
終始ミサワがHM絞込みのトップを走っていました。
更に、他社プランを聞いた上で評価を数値化してみたこと、
ヨメ@orangecatsの
「ミサワとの打ち合わせやモデルハウス訪問が一番ワクワクする!!」
との言葉、そしてやはり蔵のメリットが決め手になり、ミサワホームと住まいを通して
一生のお付き合いをすることに決めました。


しかし次回、想定外の新たな戦いが。
君は生き延びることができるか?

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | HM選び 1ヶ月戦争 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

HM選び 1ヶ月戦争 (1)

僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。

奇しくも、マイホームを手にした心境と、
アムロが脱出の際に漏らした言葉は一致した。

という訳で(?)今日からハウスメーカー選びの最終経緯を
一部ガンダム風にお届けします。
ちなみに旦那@orangecatsは1stガンダムど真ん中世代です。


以前の記事の通り、ミサワホームとの契約を決めるまでは
HM4社にプランを作ってもらい交渉・絞込みを進めていました。

2012年4月初頭。
建築プラン作成を依頼したのは、
-ダイワハウス(鉄骨)
-トヨタホーム(鉄骨)
-積水ハウス(鉄骨/木造)
-ミサワホーム(木質パネル工法)
の4社。積水のみ、鉄骨と木造両方のプラン作成をお願いしました。

ミサワの木質パネル工法とよく競合するのは
一条工務店や木下工務店という話をミサワの営業さんから
聞きましたが、私達夫婦はHM絞込み段階で工法にはそれほど
強い拘りがありませんでした。
先ずはどんな建築プランができるのか聞いてみたい、という気持ちが先行。


一番早く建築プランが出てきたのはミサワホーム。
ミサワの蔵インパクトに続き、ここでもミサワが一歩リード。
その他のHMからも、続々と建築プランが。

一方で積水ハウスのシャーウッド担当若手営業のメガネ君。
一向に建築プラン・見積が出てこない。
見積が出ないことには検討のしようがない。
認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。
積水は鉄骨だけが候補に残った。
結果的にミサワ以外の候補は全て構造が鉄骨に。


更に各HMとの打ち合わせを重ねたorangecats夫婦。
2月末に家探しをスタートして約1ヶ月。
家造り雑誌などで聞きかじった言葉を交えながら、
各HMと建築プランの打ち合わせをしました。

「基礎のヘアークラックが…」
「ヒートブリッジは…」
「ここはハイサイドライトの方がいいと思うんですよ」

以前の記事の通り、旦那@orangecatsの類型は凝り性でお調子者のB型。
お調子者っぷりを見破ったのか、各HMの営業マン・設計担当が
リップサービス作戦に出る。

「家造りは何年間か検討されているんですか?」
「ハイサイドライトって言葉がすらすら出てくる方はなかなかいませんね~
 ぜひ家造りの手伝いをさせて頂きたいですね」などなど。

旦那@orangecatsは呟いた。
「さすが新型」
しかし家造りは恐らく一生で一度の経験。
おだてられて流されて契約する訳にはいかない。
ヨメ@orangecatsと自分達の優先ポイントをよく話し合いました。

①絶対外せないこと
②ぜひ実現させたいこと
③できればやりたいこと

と優先順位別にリストアップし、どのHMと組んだら
自分達の理想の家造りを実現できるかをよく吟味しました。
営業マンとの相性などの感覚的、直感的なものも含めて
総合的に評価。


最終段階では、下の表(5段階評価)を作成して
HMの評価を数値化して比較し、最終決断に繋げました。
HM評価

orangecats夫婦の名前を伏せた以外は当時の評価そのままを掲載します。
施主によって立地や建てたい家の条件は異なり、
同じHMであっても担当となる営業マンや設計者も違うため
一概に言えないと思いますが、これが私達夫婦が
各HMとのせめぎ合いの中で実感した評価です。


…しかしこれですんなりミサワに決まった訳ではなく。
それでは何が起きたのか?
次回 orangcatsの夢の家、
君は生き延びることができるか?


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | HM選び 1ヶ月戦争 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

子供達もミサワの蔵にハマった

明けましておめでとうございます
旦那@orangecatsです。
本年も当blogをよろしくお願い致します


2013年は、旦那@orangecatsの兄弟家族を
新居に招いて、親族の新年会からスタートしました。
orangecats夫婦にとっても、業者を除き
初めての本格的な来客です。


年末の大掃除は自動的に新年会準備にもなり、
外構もほぼ完成
引越し後2ヶ月半をかけて、インテリアや飾りつけも含め、
完成形に近い状態で無事新年を迎えることができました。

甥っ子姪っ子6人を含めた総勢11人の新年会
特に姪っ子達は、我が家に来るのを指折り数えて
楽しみにしていたらしく。10月半ばの引越し直後の、
まだダンボール箱が積み上がっている我が家に
「今から遊びに行っていい?」と言ってたくらい。


我が家に入った途端、子供たちはミサワの蔵に入って大はしゃぎ。
1Fの蔵は4畳少々と広くはありませんが、
書棚風の扉で緩やかにリビングと繋がっています。
(入居前の写真ですが、下の写真ご参照)
IMG_6278.jpg

半畳くらいの書庫スペース以外には、絨毯を敷いて
ストレッチスペースとしても活用中。
子供たちにとっては天井高110cm、秘密基地風の
閉じられた空間が逆によいみたい。

3歳の姪っ子は、私だけが屈まずに過ごせるから
ここは私のお城で私は姫だと、蔵が大のお気に入りに。
ヨメ@orangecatsが初期の家造り計画で条件にしていたのが、
リビングに繋がる畳スペースを設けて、将来の子供の遊びスペースと
すること。ミサワでの家造りを決めてからは、
1Fリビングに繋がる蔵を単なる収納スペースだけでなく
将来の子供の遊びスペースとして計画してきました。
1Fの蔵が想像以上に子供たちのお気に入りスペースになったので、
計画は大成功でした。


夕方になって1F蔵の電気を消灯すると、星空模様の
蓄光クロスの天井に満天の星が広がって歓声をあげる子供たち。
「この蔵持って帰りたい! 家にも欲しい!」
「今度お泊り会したい!」「ここに住みたい~!」
ということで、我が家は兄弟家族に大好評でした。

「モノが少なくていいね~」という姉のコメントがありましたが、
実は我が家は結構モノ持ちです。収納が充実していて、収納するもの、
表に出すもの、隠したいモノ、見せたいモノのメリハリがついているから
モノが少なくスッキリして見えるという、
狙った通りのインテリアに今のところはなっています。

賑やかなのが大好きなorangecats夫婦、これからも
我が家が千客万来になるといいなぁ、なんて家造りの野望が続きます。
ヨメ@orangecatsが料理で大変になり過ぎない程度にね。


次回はweb内覧会か、家造りの経緯紹介(ハウスメーカー選び最終局面編)をお届けします。
お楽しみに!!

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村


別窓 | 引渡し後 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |