Orange Catsの花の家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

web内覧会(入居前) (11) 1.5F 洋室

入居前のweb内覧会もはや11回目、1.5F 洋室をお届けします。
2012年9月のblog開設以来、いろんなTopicでマイペースな更新を続けています。

新居への引越しは2012年10月でしたので実は11か月点検が
間近なのですが、未だ入居前のweb内覧会です

そのうち入居後の内覧会も掲載予定ですのでお楽しみに!!

2Fに続く階段から見た1.5F洋室の眺め。
テキスタイルフロアのアイスミチャを採用しました。
IMG_6388_2013082518173612c.jpg



1F LDKから見た1.5Fの様子はこちらの過去記事ご参照。


1F蔵を採用したおかげで、1F LDKからひと続きの開放的な空間になっています。
IMG_6260.jpg


1.5F洋室は、現在はフリールームとして使ってます。

引き戸を閉めると、独立した洋室となります
IMG_6141.jpg

宿泊するお客さんが休む部屋になったり、大勢人が集まった場合は
LDKだけでなくここにテーブルを出して、1F LDKとゆるやかに
つながる空間でにぎわったり、将来的には子供部屋としても活用可能。


南東側、窓際の天井につけたのはPanasonicのホシ姫サマ。
室内干し用の竿が電動リモコンで下りてきます。
ミサワホーム東京主催のバーチャルラリーでお邪魔した、
ミサワで新築された方のお宅で拝見して、ヨメ@orangecatsが
一目惚れ。共働き夫婦にうれしい一品です。

ブラインドは、ヨメ@orangecatsの好きなオレンジ色に近い、
ピンクオレンジを採用しましたが若干サーモンピンクのような色?
お客さんたちには好評な色あいです。
IMG_6261.jpg


当初の計画時は4.5畳の洋室にする予定だったのですが、
ミサワホームとの契約後の間取り変更(LDKの拡大)に伴い、
1.5F洋室の広さはminimumな4畳となりました。

orangecats夫婦の家づくりのデザインを大きく変えることとなった、
「契約後」の間取り変更の経緯は後程詳しくお届けする予定です。

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
別窓 | 1.5F 洋室(入居前) | コメント:5 | トラックバック:0
∧top | under∨

ノルウェイの森。ならぬノルウェイの家。~出張先特別編

6月の話ですが、出張で北欧・ノルウェーに行ってきました。

高緯度に位置するノルウェー、これでも夜8時くらいの撮影です。
首都・オスロ近郊の車窓風景。
DSC00173.jpg

ノルウェー人の客の話では、彼が最近首都・オスロ近郊に建てた
家の値段(土地+家)はorangecats家が都内に建てた注文住宅の価格と同じくらいらしい。
家の延床面積はノルウェー客の家の方が若干広く、
土地もノルウェー客の方が3倍くらい広い。

物価の高いノルウェー。
マックのバリューセットの値段は1000円を軽く超えます。
高福祉国家で税金がもろめちゃ高いノルウェー。
不動産の価格比較は単純じゃないかもしれないけど、家を建てた身としては
興味深い話です。

ノルウェーの国土面積は日本とほぼ同じながら、人口は500万人弱。
フィヨルドに代表される急峻な地形が多く、北部は北極圏に属する寒冷地。
必然的に人口は首都オスロを中心とする南部に集中しています。
日本同様に南北に長い国土なので、土地によって家の造りも違うかもです。

DSC00090.jpg

DSC00167.jpg


DSC00169.jpg


DSC00098.jpg


DSC00080.jpg



バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | ノルウェー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

web内覧会(入居前) (10) 1F蔵

出張・旅行などで間が空いてしまいました。
記事の更新がない中でもポチッと応援してくださった皆様、ありがとうございました。

入居前のweb内覧会第10弾、 1F蔵です。
我が家の中核をなすのは、言うまでもなく1FのLDK。
しかしLDKに隣接する1F蔵も、我が家のシンボルともいえる大切な空間です。

orangecats旦那がミサワの蔵にハマった経緯はこちらご参照。
建築後、甥っ子姪っ子達もミサワの蔵にハマった経緯はこちらご参照。


1F LDKから見た1F蔵の入口。
IMG_6279.jpg

LDKの入居前web内覧会はこちらをご参照。
web内覧会(家具なし)① リビング


階段を6段上がった1F蔵の上は1.5Fの洋室。
IMG_6375.jpg


1F蔵に小窓は3か所ついています。
LDKに温水床暖房を設置したため、床下点検口+床下収納庫は1F蔵に設置されました。
IMG_6245.jpg


夏場は、低い位置にある1F蔵の小窓から冷たい外気が入り、
1.5Fの向かい側にあるLDKの段窓(高窓)や、1.5F洋室の窓から熱気が抜けるようになっています。
IMG_6327.jpg


階段室上にあるトップライト(天窓)からも熱い空気が抜けます。
1F蔵を設置することで、1Fのリビング部分は3.5mの天井高のある解放的な空間になっています。
更にリビングが1F蔵~1.5F洋室と連続的につながることにより、実際の広さ以上に広さを感じることができます。
IMG_6113.jpg

web内覧会(入居前) 階段室はこちらご参照。


1F蔵の広さは5畳ほど、天井高さは110cmですが、メインのLDKに
隣接することで、収納のみならず多目的に使える快適な空間です。
特に夏場は涼しい!!




1F蔵天井の壁紙は、星空模様の蓄光クロスにしました。
IMG_6246.jpg

電気や日光で蓄光した上で、夜に1F蔵の電気を消すと、天井に満天の星が広がります☆


我が家にいらした友人やお客さんに我が家案内をする際は、LDKの書棚風の扉を
「なんということでしょ~」と開いて1F蔵を紹介するところからスタートします。
我が家の快適性、高い収納性、可変性を説明する上で1F蔵が果たす役割は大きいです。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
別窓 | 1F蔵(入居前) | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。