Orange Catsの花の家

空港で雑魚寝したりインドの家だったり(出張先特別編)

僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。

前々回の記事の書き出しと一緒やん!! と
心の中でツッコミを入れたあなた、立派な当blogの愛読者です。
取り急ぎバナー↓をポチッとクリックして応援頂けると、
blogランキングに反映されて旦那@orangecatsが小躍りします。

にほんブログ村

この一週間、「帰る家」「安らぐ場所」があることが
なんと恵まれていることか、実感することが続きました。

1/14(月祝)から18(金)まで、インド出張に行ってきました。
…となる筈でしたが、出発は1/15(火)になってしまいました。
結論から言うと、1/14(月祝)は大雪の影響で
成田空港で雑魚寝する羽目になってしまいました。
そして出張先のインドでは、食うや食わずの生活をしている
インドの人々に触れた。
家があることがどれだけ幸せなことか痛切に感じました。

<成田空港で雑魚寝したぜ☆>
ご存知の通り、1/14(月祝)は都心が7年振りの大雪に見舞われた日。
雪国に住む人々にとっては屁でもないレベルの積雪8cm。
しかし雪に慣れていない南関東の交通インフラは、
雪に対する脆弱性を露呈してしまう。
通常の7倍の時間をかけて、漸く成田空港に辿り着いた
成田エクスプレス。
しかし乗るはずのインドへの飛行機は既に発った後。
欠航が相次いだ中で飛んだだけマシ、と言いたいが
乗れなければどうしようもない。


航空会社は成田市内のホテルの空室を探してくれたが、
既に各航空会社が雪対策でホテルを確保した後のため
空室はゼロ。
JRの遅延起因のため、航空会社が確保済みの
ホテルは旦那@orangecatsに割り当てられず。
市外のホテルを探そうにも雪のためタクシーも動いていない。
「しょーがねー、空港に泊まるか!!」とあっさり決意。
むしろ一回くらいこういう経験してみるのもよいかと。


残念ながら、チェックイン前なので空港ラウンジの
仮眠スペースを利用することもできず。
空港のマッサージチェアを確保してそこで一夜を明かそうかと。
自分と同じ境遇で空港に泊まらざるをえなかった人は
外国人も含め結構多く、空港職員?の人がエアーベッドと
寝袋を配って下さったため、途中から一気に睡眠環境が快適(?)に。
マッサージチェアが設置されているのは日当たりのいい窓側。
暖房が効いているとは言え、窓側は若干寒いです。
注文住宅を建てたため、「ここは複層ガラスじゃない?」とか
一瞬頭をよぎりました。

インドと携帯で連絡を取りながら、夜は更け翌日一日遅れで
何とかインドに辿り着くことができました。

<インドの家>
以前お送りしたのは出張先特別編・アメリカの家。

今回は一転して、超格差社会のインドへの出張です。
「首都のデリーを見ただけでインドを語るなかれ」と
言われましたが、感じたことを率直に書いてみます。

現地滞在時間が2日間に短縮されてしまい、本当に
上っ面を撫でた程度かもしれないですが、
中学の教科書に出てきたような、牛が道を歩いていたり
野犬が多かったりバラック住まいの一角が所々にあったり。
しかし一部でこの国の奥の深さを感じたり。
仕事中は写真を撮れる状況にないのでほんの触りですが、
こんなところも見てきましたって感じです。
DSCF3040.jpg

多分この写真の建物に住んでる人達は比較的裕福な層ではないかと。
最下層の人達の家々?は写真に撮るのも憚れる思いでした。
DSCF3041.jpg

オマケで空港でみつけた象の像。
DSCF3044.jpg


帰国して家の暖かさに触れるとホッとします。
次回はweb内覧会の予定です。お楽しみに☆

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | インド | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<web内覧会(入居前) (4) キッチン -1 | Orange Catsの花の家 | HM選び 1ヶ月戦争(2)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |