Orange Catsの花の家

求む! 明るい玄関

前回・前々回の記事では、幾多のSTORYを経て
完成した玄関のweb内覧会(入居前)をお届けしました。

リビングの広さとリビング階段を優先するため、
orangecats家の玄関はサイズが縮小されただけでなく、
開口部が北西→北東に移動されました。

北東玄関になったために、新たな課題となった
「明るい玄関」の実現。
orangecats家奮闘の経緯をお届けします。

間取り変更案の経緯は過去記事ご参照。
契約後の間取り変更(1)
契約後の間取り変更(2) ~正方形LDの功罪
契約後の間取り変更(3) 間取り大改造!!
契約後の間取り変更(4) 参考にしたwebsite
契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに


玄関のweb内覧会(入居前)は下記ご参照。
web内覧会(入居前) (12) 玄関- 1
web内覧会(入居前) (13) 玄関- 2


何故orangecats家が明るい玄関に拘ったか?
それは古家が建っていたときの暗い印象が強かったからです。
DSC_0125.jpg

上の写真は、新築後の玄関と同じ位置のものです。
隣地境界との距離が近く、殆ど日が射さないため
雨が降った後はなかなか地面が乾きませんでした。
古家付の土地を購入して、ミサワホームで
新築一戸建て注文住宅を建てたorangecats家。
期せずして玄関の開口部がこの箇所になったため、
如何に玄関を明るくするかに心を砕きました。

先ずはオーソドックスに採光機能つきの玄関ドア。
北側だから全く日光が入らない訳ではなく、日光の反射で結構明るくなります。
DSCF2563.jpg

次に、北西方向ながら小窓を採用。
DSCF2567.jpg

最初はパナソニックの玄関収納コンポリア Live Eシリーズを、
天井高のものにする予定でした。
しかし
・天井近くの位置は手が届きにくく、収納スペースとして活用しにくい
・逆に、蔵や玄関ホール左側の収納は余裕がある
ことから、玄関収納は背が高くないタイプを採用。
その代わりに、採光窓を設置することができました。

最後に、採用しなかったけど玄関ホールの天井を
採光ガラス床にする計画がありました。
こんな感じ↓
dd2c8bc63083e44dbe6d1926a8eacd48-e1371023234518.jpg

1940_6r.jpg

玄関ホールの上階には2.5Fに向かう階段上のトップライトがあり、
トップライトから差し込む日差しを1Fの玄関に落とせないかと
考えました。しかし、長期優良住宅の基準を満たせなくなる他の
理由で、採光床案は断念。
ミサワのCC、Sさんの
「位置的にみて採光床の効果がしっかり出ない可能性あり」
「採光床無しでも、すごく明るいとは言えないまでも、極端に暗くもなりません」
とのコメントも後押しとなり
「玄関採光スリットドア+採光小窓」でGo Sign、
採光床は未採用となりました。

実際に家が建ってみると、明るさ面で不満に感じたことはありません。
今振り返ってみると、最も効いたのは土地内の家の配置かもしれません。
写真撮影の方向が違いますが、

ビフォー ↓
DSC_0125.jpg

アフター(外構工事前) ↓
DSCF2235.jpg

ご覧の通り、境界から南寄りに建築位置が変わり(北側斜線制限の関係)
採光・風通しに余裕が生まれました。

そのまたアフター(外構工事後) ↓
その後、古家からそのまま引き継がれた塀を
ケルヒャーで洗浄し玄関まわりは更に明るい印象になりました☆

IMG_7929_20131019172559426.jpg

バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 玄関検討 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<やりたかったけど、できなかったこと(玄関まわり) | Orange Catsの花の家 | web内覧会(入居前) (13) 玄関- 2>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |