Orange Catsの花の家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

契約後の間取り変更(7) ~コストアップへの対応

リビング拡大を軸とする契約後の間取り変更の最終回、
深基礎適用などのコストアップへの対応をお届けします。

最終的な間取り変更に伴うコストupは35万円くらいで纏まりました。
但し、
・太陽光発電設置を先送りにしたコストマイナス分
・深基礎適用などのコストプラス分
を相殺した結果。
将来的に太陽光発電を設置したら、コストup幅はもっと大きくなります。

これまでお届けした記事は下記ご参照。
--------------------------------------------------------
契約後の間取り変更(1)
契約後の間取り変更(2) ~正方形LDの功罪
契約後の間取り変更(3) 間取り大改造!!
契約後の間取り変更(4) 参考にしたwebsite
契約後の間取り変更(5) リビング階段と引き換えに
契約後の間取り変更(6) ~サヨナラ太陽光発電
--------------------------------------------------------


間取り変更に伴う変更点はこちら。
--------------------------------------------------------
変更前:
 LDKの広さ 15畳(LDの形は正方形)
 1F蔵の広さ 5畳
 階段下から玄関につながる収納あり
 太陽光発電 1.4kw付き

変更後:
 LDKの広さ 17畳(LDの形は長方形)
 1F蔵の広さ 4畳
 玄関を縮小、玄関開口部の向き変更(北西→北東)
 太陽光発電を断念(正確には設置先送り)
 深基礎適用
 リビング階段の設置個所、向きを変更
--------------------------------------------------------


家族のコミュニケーションを深めるリビングの
拡大を中心とした間取り変更提案を決意したorangecats家。
多少のコストupは覚悟の上でした。

間取り変更に伴うコストupは35万円くらい(但し将来の太陽光発電設置コストを除く)。

主なコストup要因は、
・深基礎の適用(専門的な理由は忘れてしまいましたが)
・外壁総延長が若干長くなった(家の形が正方形に近い形から長方形に変わったことにより)
・仮設足場も若干長くなった
・屋根の形が変わった
などなど。


間取り変更以外の要因を含めると、2012年4月末の契約時と8月の変更契約時の
建築請負契約金額の差額は… 300万円くらいupとなりました。

その内訳は、
・キッチンや風呂などの住宅設備のコスト(grade)upが最大。
・窓のサイズ・種類変更と、それに伴うシャッターサイズの変更
・トップライト追加
・建具追加・Grade Up
 (リビングに面した1.5F洋室のガラス手摺や開き戸、1F蔵の書棚風扉など)

などなど。
2012年4月末の契約時の、想定up額より少し金額が上がってしまったので、
失敗したなぁ、という気持ちがないではない。
契約時にもっとオプション盛り込んでおけばよかったかなぁ。
家造りが初めてだった。だから仕方がなかった。
そんな気持ちもあり。

しかしこのCost Upが許容範囲だったのには理由があります。

家づくりはライフスタイルの確定です。
我が家では、家を建てるにあたり車は持たない基本方針を固めました。
都内市部在住のorangecats家の普段の足となっているのは
電車・バスなどの公共交通機関、たまに自転車。

地価の高い都内で一戸建てを注文住宅で建てて、
更に車を恒常的に持つとなると我が家の資金繰りはちと厳しくなります。
夫婦とも、運転免許は持ってるけど特段車が趣味というわけでもない。
車が必須となる釣りやマリンスポーツなどの趣味があるわけでもない。
このため、車の維持費・燃料代を払い続けるより、
資金を家づくりに集中させることにしました。
車が必要なときは、レンタカーも借りれるしTaxiを一時的に
使うほうが年間コストで考えると割安との判断です。

このため、建築プラン作りの段階から
駐車スペースは来客用に最低限の広さを確保。
DSC_0273.jpg

子供が生まれて「やっぱり車が必要」となったら、
軽自動車を停めれるスペースにしました。
DSC_0265.jpg

前回の記事
web内覧会 外構 (1) ウッドデッキの花鳥風月
でお届けしたLDK前のウッドデッキは、本来は駐車スペースになっていたかも。
しかしリビングからの景色が車だけ、というのも車好きでなければイマイチです。
今はウッドデッキがリビングから繋がる屋外リビングのような空間として活用できており、
車を持たない分のメリットを感じます。


バナーをクリック頂くと、素敵な家がいっぱいのblogランキングに出会えます。
また、私達の更新の励みになります♪ ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村


にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

別窓 | 契約後の間取り変更 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<旅行先特別編(3) スイスの家(核シェルター完備) | Orange Catsの花の家 | web内覧会 外構 (1) ウッドデッキの花鳥風月>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Orange Catsの花の家 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。